CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
メルマガ登録はこちら!
ナレッジラボ
メールマガジン


メールアドレス


プライバシーポリシーをご確認ください

クリックをお願いします!
記事が良かったらクリックを!
ブログサークルへ!
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
MOBILE
qrcode
MFクラウド会計 なぜ??連携しても楽にならない!?
0

    JUGEMテーマ:会計・経理・財務

    こんにちは。
    クラウドサポートチームの稲垣です。

    今回はMFクラウド会計の連携機能についてお伝えします。

    MFクラウド会計の連携機能は非常に便利です。
    金額だけでなく、仕訳まで提案してくれるので記帳作業がとてもラクになるのは間違いありません。

    実際これがクラウド会計を使うウリの一つだとおもいます。
    そのため、とりあえず連携しよう!そうすればラクになる!

    と考えられている人も多いのではないでしょうか。

    ただし、この考えには一つ落とし穴があります。
    それは連携をすればするほど簿記の知識とシステムへの理解が必要になるということです。

    実際に複数の口座、クレジットカードやサービスを連携したものの、
    仕訳がわからず立ち往生、もしくは頑張って入力したが重複仕訳がたくさんで、
    帳簿が大変な状態になっている人が結構います。

    なぜ、こんなことになるかというと2つ理由があります。
    一つは先ほどお話しした知識不足です。連携すると、色んな仕訳が一度に表示されそれを判断して

    登録するという作業が必要になります。そして、わからないとその分間違った仕訳で登録することが増えます。

    二つめは、自動仕訳ルールという機能です。この機能は一度登録した仕訳は次から同じ取引が出てくると、

    科目の自動設定おこなってくれる機能です。
    便利な機能ですが、もし間違った仕訳が登録されてしまうと変更しない限り

    ずっと間違った仕訳を登録し続けることになります。

    そのため連携機能に慣れないうちは

    メインで使う口座とクレジットカードだけの登録をおすすめしています。

    取引の内容にもよりますが、この2種類を連携するだけでも、

    記帳の手間がグッとラクになるのを実感してもらえると思います。

    ラクになるために連携したはずが、逆にしんどくなってしまっては本末転倒です。
    これから連携機能を使おうと思っている人、すでに使っていてうまく活用できていない人は
    ぜひ、参考にしてみてください。きっと連携機能を使いこなすことができます。

     

    ■関連記事

    http://cloud-support.jugem.jp/?eid=36

    http://cloud-support.jugem.jp/?eid=32

     

     

    株式会社ナレッジラボ

    クラウドサポートチーム

    稲垣

    | MFクラウド会計/確定申告 | 11:45 | comments(0) | - |
    知っているようで知らない!? 役員借入金と役員貸付金
    0

      JUGEMテーマ:会計・経理・財務

      こんにちは。

      クラウドサポートチームの稲垣です。

       

      今回は法人でよく使う【役員借入金】【役員貸付金】という勘定科目についてお伝えします。

       

      名前自体は聞いたことがあるという人は非常に多いとおもいますが、

      使い方やどういう勘定と聞かれるとうーんと悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。

      そのわりに法人の会計ではよく使う勘定科目です。

      よくわからないのによく使うなんて、なんて悩ましい勘定科目ですね。

      この機会に少しでもこの勘定科目について知ってもらえればとおもいます。

       

      本題に行く前に…

      実はこの勘定科目は、MFクラウド会計の初期設定では登録されていません。

      よって、勘定科目を追加登録する必要があります。

      その他流動負債→役員借入金

      その他流動資産→役員貸付金のように登録してください。

       

      では本題です。

       

      ■役員借入金

      これは役員から会社がお金を借りたという意味です。

      といってもなかなかイメージしにくいとおもいますので、

      一例をあげると役員が自分のお金で会社に必要なものを購入したと考えると

      イメージしやすいとおもいます。法人設立の直後は何かとお金が必要で、

      会社の運転資金だけでは足りず、自分のポケットマネーを使ったときなどにこの勘定科目をつかいます。

      よって、法人設立直後は役員借入金がどんどん増えていくケースもあります。

      備品・消耗品費 / 役員借入金

       

      ■役員貸付金

      これは役員にお金を貸したという意味です、言い換えると、

      役員が私的につかったお金を会社が支払ったともいえます。

      例えば、役員が自分の個人的な飲食代を、会社が支払った場合などにこの勘定科目をつかいます。

      でも、あまりに金額が大きいと第三者が試算表をみたときに

      会社のお金が役員に流れているというふうにみられる可能性があるため、

      そのような取引はあまりしない方がよいです。

       

       

      ぜひ、おぼえて下さい。

       

       

      ■関連記事

      http://cloud-support.jugem.jp/?eid=36

      http://cloud-support.jugem.jp/?eid=32

       

       

      株式会社ナレッジラボ

      クラウドサポートチーム

      稲垣

       

       

      | MFクラウド会計/確定申告 | 11:43 | comments(0) | - |
      MFクラウド会計/確定申告 事業用と個人用が混在したクレジットカードの処理方法
      0

        JUGEMテーマ:会計・経理・財務

        こんにちは。

        クラウドサポートチームの稲垣です。

         

        今回は事業用と個人用が混在したクレジットカードの

        処理方法をお伝えします。

         

        その前に「口座やクレジットカードは連携した方がいいですか?」

        という質問をたまにいただきます。

        答えは連携した方がいいです。

        やはりそれだけで入力の手間が減りますし、

        何より金額や残高のズレがなくなります。

        ただし、取引自体が多くない場合は

        連携せずにあえて手入力というのもアリです。

        そちらの方が確実に入力もできますし、感覚的にも

        事業の収支がわかるようになってきます。

        ---------------------------------------------------------------------------

         

        さて、本題ですが、みなさんクレジットカードで

        個人用と事業用のものを購入したときどのように処理されていますか。

         

        個人のものは事業とは関係ないから取り込まない。

        だから、対象外にしよう。

        と思っていませんか。

        でも、そうすると口座の引落し金額と未払金の金額が合わなくなります。

         

        なぜか、それは対象外にしてしまうと、個人で使ったものが取り込まれないため、

        引き落とし金額と差額が発生するからです。

         

        これを解消するため個人で購入したものは【事業主貸】という勘定科目を

        使ってください。仕訳の流れは次のとおりです。

        支払時 費用 / 未払金

            事業主貸 / 未払金

        引落時 未払金 / 普通預金

        ※あくまで仕訳の一例として参考にしてください

         

        これをすることで引落し金額と未払金の金額を合わせることができます。

         

         

        また、すでに取込時に対象外にした仕訳も対象外を解除することもできます。

        ・解除方法

        データ連携→登録済一覧→該当する連携サービスの明細一覧【閲覧】

        →ステータス【対象外】選択検索→該当する取引の対象外を解除

         

         

         

        クレジットカードは非常に便利ですが、

        その反面、支払のタイミングがズレ、仕訳の記帳が二回必要など

        注意する点もあります。

        今までまちがった処理方法をしていた人はぜひこの機会に見直してください。

         

         

        ■関連記事

        http://cloud-support.jugem.jp/?eid=36

        http://cloud-support.jugem.jp/?eid=32

         

         

        株式会社ナレッジラボ

        クラウドサポートチーム

        稲垣

         

         

         

        | MFクラウド会計/確定申告 | 11:26 | comments(0) | - |
        今から準備する確定申告書類
        0

          JUGEMテーマ:会計・経理・財務

          こんにちは。

          クラウドサポートチームの稲垣です。

           

          今回は確定申告で必要な書類についてお伝えします。

           

          確定申告とは一年間の所得を求めて、所得税を決めるというのが大まか目的です。

          そのため、収入を証明する書類や税金を控除する書類などさまざまな書類が確定申告では必要になります。

           

          それぞれの書類がみなさんの手元に届くタイミングはバラバラです。

          紛失や確認のためにその中でもとくに大事とおもわれる書類をピックアップします。

           

          ■源泉徴収票

          これは本業以外からの給与や報酬を証明する書類です。

          とくに会社辞めてそのまま開業した人はこれが前職の収入を証明する書類になりますので、

          手元にない人は前職の会社から必ずもらってください。

          よく確定申告の土壇場になって、源泉徴収票が見当たらず慌てて前職の会社に連絡する人もいます。

          そうなると場合によっては発行が間に合わない可能性もありますのでお気をつけください。

           

           

          ■住宅ローン控除を初めて受ける人

          下記の書類が必要となります。

          ・住宅借入金等特別控除額の計算明細書

          ・住民票の写し

          ・売買契約書の写し

          ・登記事項証明書の原本

          ・金融機関の住宅ローンの「残高証明書」

          住宅ローン控除はきわめて高い節税効果がありますので、

          ぜひ、忘れずに申告しましょう。

           

           

          ■医療費控除

          医療費が年間10万円を超えると医療費控除を申告することができます。

          そのためには医療機関から発行された医療費の明細書が必要となります。

          ふたを開けてみると年間で医療費が10万円を超えていたみたいなことがよくあります。

          何か大病や大ケガをされた人は一度確認されるのがオススメです。

           

           

           

          この他にも各種控除受けるための控除証明書などがあります。

          申告漏れがないよう今からでも確認することが大切です。

           

          ■関連記事

          http://cloud-support.jugem.jp/?eid=36

          http://cloud-support.jugem.jp/?eid=32

           

           

          株式会社ナレッジラボ

          クラウドサポートチーム

          稲垣

          | MFクラウド会計/確定申告 | 11:23 | comments(0) | - |
          今からしよう確定申告の準備!!!
          0

            JUGEMテーマ:会計・経理・財務

             

            こんにちは。

            クラウドサポートチームの稲垣です。

             

            今年も残すところあと1カ月になりました。

            この時期になると、個人事業主の人は確定申告どうしよと

            考えるのが毎年の悩みではないでしょうか。

             

            また、今年から開業された人は確定申告?

            聞いたことあるけど、やり方がわからないという人がほとんどだと思います。

             

            そこで今回は今からできる確定申告の準備についてお伝えします。

             

            実際、所得税の確定申告は来年の2月16日〜3月15日になります。

            そのため年明けから取りかかろうと思っている人も多いはず。

            でも、想像してみてください。

            年明けから確定申告をするということは

            通常業務と並行してすることになります。

            慣れている人ならともかく、はじめての人にはかなりの負担です。

             

            そのため、今の時期から取りかかるのがオススメです。

            今、最優先でやって欲しいことは2つです。

             

            1〜12月までの仕訳を全て入力する

            マメに入力されている人は問題ありませんが、

            入力が数か月以上ずっと止まっている人は要注意です。

            早めに入力しないとどんな取引内容なのか忘れてしまって、

            それを思い出すのに倍以上の時間がかかってしまいます。

            また、申告作業は仕訳がすべて入力されてからがスタートです。

            早めに入力を終えるのにこしたことはありません。

             

            現金、預金口座の残高を合わせる。

            残高が合っていないもしくはマイナスになっている場合は

            仕訳の入力漏れや開始残高の未設定が考えられます。これを合わせる作業をしましょう。

            預金口座に関しては、通帳の取引を一つずつ確認していくことで、

            まちがいを発見することができます。

             

            確定申告を楽したいと考えられている人は

            ぜひこの2つのことから取りかかってください。

             

             

            ■関連記事

            http://cloud-support.jugem.jp/?eid=36

            http://cloud-support.jugem.jp/?eid=32

             

             

            株式会社ナレッジラボ

            クラウドサポートチーム

            稲垣

             

            | MFクラウド会計/確定申告 | 09:54 | comments(0) | - |
            キングオブタイム 自社にあった打刻方法を選んで効率化
            0

              JUGEMテーマ:会計・経理・財務

              こんにちは。

              クラウドサポートチームの稲垣です。

               

              今回は勤怠管理ソフト【キングオブタイム】の打刻方法について

              お伝えします。

               

              取引先へ直行する営業職

              事務所で働く事務員

              シフト勤務のアルバイト

              業種や業態によって働き方はさまざまです。

               

              従来のタイムカードやエクセルといった方法で、

              このような勤怠管理を行うと必ずどこかで対応できないもしくは

              手間がかかるところが出てきます。

               

              とくに打刻方法は労働時間に関わる重要な部分ですが、

              なかなか働き方にあった打刻方法が見つからないというのが現状です。

               

              そこで、キングオブタイムではどんな働き方にも合うよう

              次の4つの打刻方法を組み合わせて使うことができます。

              .僖好錙璽病嚢

              Myレコーダー打刻

              スマホ・タブレット打刻

              ICカード打刻

               

               

              ■パスワード打刻

              一台パソコンがあればそれを使って複数人が割り当てられたパスワードで打刻する方法です。

              店舗や工場など仕事で共有するパソコンがある人にオススメ。

               

              ■Myレコーダー打刻

              各人で自分だけのタイムカードをWEB上に持って打刻する方法です。

              1人一台パソコンを持っている場合はオススメ。

               

              ■スマホ・タブレット打刻

              スマホ・タブレットを使って打刻する方法です。

              取引先や現場に直行する人やそこから直帰する人にオススメ。

               

              ■ICカード打刻

              ICカードを使って打刻する方法です。他の打刻方法にくらべて、

              カードリーダーにタッチするだけなのでとても簡単です。

              カード自体を登録するのでパスワードを設定したり覚えたりする必要もありません。

              また、すでに持っているicocaやpitapaなどのICカードも登録することが可能です。

              スマートな打刻方法を求めている人にオススメ。

               

               

              ぜひ、一度ご検討してみてください。

               

              参考URL

              https://www.kingtime.jp/

               

               

               

              <関連記事はこちら>

              ・http://cloud-support.jugem.jp/?eid=19

              ・http://cloud-support.jugem.jp/?eid=16

               

               

              株式会社ナレッジラボ

              クラウドサポートチーム

              稲垣

               

              | KING OF TIME | 09:47 | comments(0) | - |
              紙やエクセルはもう古い!?クラウドでらくらく勤怠管理
              0

                JUGEMテーマ:会計・経理・財務

                 

                こんにちは。
                クラウドサポートチームの稲垣です。

                突然ですが、みなさん勤怠管理で困っていることはありませんか。

                例えば、
                ・毎月の労働時間の計算が大変
                ・従業員の打刻漏れが多く困っている
                ・直行直帰の勤務があるため、正確な勤怠時間がわからない
                ・タイムカードや勤怠データの管理が手間
                ・勤怠管理システムの導入を検討しているがどれを選んでいいかわからない 等

                ここにあげたことは勤怠管理をすると必ずといっていいほど、
                出てくる経営者や事務員を悩ませる問題です。

                 

                ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                今回はこの問題を解決するking of time(キングオブタイム)という
                勤怠管理ソフトを紹介します。
                ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                このソフトの特徴はクラウドシステムを利用しているので、
                面倒なソフトのダウンロードや購入がありません。
                IDとパスワードを知っていれば、どこにいても持っている
                パソコン、スマホ、タブレットで打刻ができます。
                そして、勤怠データもクラウド上で保管管理されるので、
                自社でそのための環境を整える必要もありません。
                そのため勤怠管理の導入を考えている人は初期費用をほとんどかけずに
                導入することができます。

                また、MFクラウド給与との連携も可能です。
                キングオブタイムの勤怠データをMFクラウド給与へ取込み給与計算、
                その給与データをMFクラウド会計へ取込み仕訳へと記帳。
                この勤怠時間の計算→給与計算→仕訳記帳という作業がわずか
                数クリックで終了します。

                これから導入する人、今の勤怠管理に不満を持っている人、
                両方にオススメできるソフトです。
                ぜひ一度、検討してみてください。


                参考URL

                https://www.kingtime.jp/

                 

                 

                 

                <関連記事はこちら>

                http://cloud-support.jugem.jp/?eid=19

                http://cloud-support.jugem.jp/?eid=16

                 

                 

                株式会社ナレッジラボ

                クラウドサポートチーム

                稲垣

                | KING OF TIME | 08:51 | comments(0) | - |
                MFクラウド会計の基本的な使い方〜勘定科目の登録〜
                0

                  JUGEMテーマ:会計・経理・財務

                  こんにちは。

                  クラウドサポートチームの稲垣です。

                   

                  今回は勘定科目の登録についてお伝えします。

                   

                  MFクラウド会計では、主要な勘定科目はすでに登録されていますが、

                  事業にあわせて科目名を変える、新しい勘定科目を増やしたほうがより効率よく

                  MFクラウド会計をつかえる場合があります。

                   

                  各種設定から勘定科目を選択すると新しく勘定科目を追加することができます。

                  勘定科目名の横にあるチェック欄を外すと仕訳入力の際に非表示にすることができます。

                  ほとんど使わない勘定科目はチェック外したほうが仕訳の入力がスムーズになりますのでぜひやってみてください。

                  実際、2ヶ月ほど仕訳を入力していくとよく使う科目がわかってきます。

                   

                   

                   

                  勘定科目の他にMFクラウド会計では、【決算書科目】【補助科目】という科目があります。

                   

                  ・決算書科目

                  これはその名のとおり最終的に決算書科目に載ってくる科目になります。

                  よって、勘定科目名がちがっても決算書科目が同じなら最終的な金額は合算されます。

                   

                  ・補助科目

                  勘定科目の内訳というイメージをもつとわかりやすいです。

                  例えば、取引先ごとに売掛金や買掛金の残高を分けて把握したい場合に使います。

                  ただし、あまり補助科目を作りすぎると収拾がつかなくなるので、

                  なれないうちは必要最低限の補助科目にすることをオススメしています。

                  補助科目なしでも問題はありませんので、無理に補助科目を設定するよりも

                  補助科目なしにしてしまったほうが入力の手間も省けて便利な場合もあります。

                   

                  クレジットカードを連携すると、自動で補助科目が作成されて困っているという人を

                  よくみかけます。使わない補助科目はまちがいの原因にもなりますので、

                  使いながら不要と思った場合には削除するようにしましょう。

                   

                   

                  ■関連記事

                  http://cloud-support.jugem.jp/?eid=36

                  http://cloud-support.jugem.jp/?eid=32

                   

                   

                  株式会社ナレッジラボ

                  クラウドサポートチーム

                  稲垣

                   

                  | MFクラウド会計/確定申告 | 22:53 | comments(0) | - |
                  週刊エコノミストさんに取材・掲載頂きました
                  0

                    【週刊エコノミストさんに取材・掲載頂きました】

                     

                    11月20日発売の週刊エコノミストさんの特集記事

                    「AIに負けない!凄い税理士・会計士」において、

                    弊社の取組みについてインタビューを受け、記事に掲載を頂きました。

                     

                     

                    こちらはwebでのダイジェスト版となります。↓

                    https://www.weekly-economist.com/20171128feature/

                     

                     

                     

                    文中にある業績予測ソフト、経営を簡単に分析・予測・共有する会計分析クラウド

                    「manageee」のベータ版も公表しております(平成29年11月21日時点)。

                     

                    http://manageee.jp/

                     

                     

                    現状はMFクラウド会計(法人版)のみ対応となっている点はご留意ください。

                     

                    弊社はこれからも、会計の見える化、会計を面白く感じる取り組みに力を入れていきたいと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:会計・経理・財務

                    JUGEMテーマ:セミナー情報

                     

                    | セミナー情報/メディア掲載など | 02:21 | comments(0) | - |
                    平成29年12月7日 熊本商工会議所様主催セミナー / 参加費無料
                    0

                       

                      平成29年12月7日(木) 14:00〜17:00

                       

                      熊本商工会議所様主催のセミナーで、

                      弊社、株式会社ナレッジラボ 代表取締役 国見(公認会計士/税理士)、

                      同じく取締役 山邊(公認会計士)が登壇させて頂きます。

                       

                       

                      前半第一部では、帳簿の付け方の基礎、クラウド会計を使った帳簿の付け方などをご説明させて頂きます。

                      後半第二部では、実際にPCやタブレット端末などをお持ち頂いて、

                      参加者様にクラウド会計を触って頂きつつ、ご不明点は可能な限り即座に解決していきます。

                       

                      熊本又は九州地方の法人、個人の方は是非ともご参加ください。

                      特に確定申告時期も近づいてきていますので、この機会に不安を少しでも解消してみませんか?

                       

                      (参加費)

                       無料

                       

                      (開催場所)

                       熊本商工会議所

                       住所:熊本市中央区横紺屋町10

                       

                      (第一部)

                       14:00〜15:30

                       「帳簿のつけ方と消費税軽減税率制度について」

                          講師:山邊 泰匡 (公認会計士)

                       

                      (第二部)

                       15:30〜17:00  

                       「クラウド会計活用の方法について」

                        講師:国見 英嗣 (公認会計士/税理士)

                           山邊 泰匡 (公認会計士)

                       

                      (対象者)

                       創業3年以内の事業者の方

                       

                      (参加希望の場合の連絡先)

                       セミナーにご参加希望の方は、下記の入力フォームからご登録をお願い致します。

                       https://form.k3r.jp/knowledgelabo/H291207kumamoto

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:セミナー情報

                      JUGEMテーマ:会計・経理・財務

                       

                       

                       

                      | セミナー情報/メディア掲載など | 00:32 | comments(0) | - |
                      | 1/7PAGES | >>