CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
メルマガ登録はこちら!
ナレッジラボ
メールマガジン


メールアドレス


プライバシーポリシーをご確認ください

クリックをお願いします!
記事が良かったらクリックを!
ブログサークルへ!
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
MOBILE
qrcode
MFクラウド経費 4種類の経費登録方法
0

    JUGEMテーマ:会計・経理・財務

    こんにちは。

    クラウドサポートチームの稲垣です。

     

    今回はMFクラウド経費の登録方法についてお伝えします。

     

    MFクラウド経費には4種類の経費登録ができます。

    どれも重宝するものばかりです。

    ぜひ参考にしてください。

     

    [亮書から登録

    領収書をみて手入力する方法。

    かんたんで誰にでもできます。

     

    口座・カードから登録

    口座、クレジットカードと連携して取引情報を取り込みます。

    ピタパやイコカなどのICカードを登録して

    つかった経路を一気に取り込みも可能です。

     

    7佻から登録

    A駅〜B駅までとすると金額を自動で算出します。

    いちいちネットで金額を調べる必要はありません。

     

    ち行距離から登録

    距離を入力すると設定した1キロあたりの

    ガソリン代から燃料金額を計算します。

    車両管理に効果バツグンです。

     

    とくに↓は各人の手間を大きく軽減します。

    従来の紙やエクセルの申請方法ではこういった機能を

    実現することは難しいです。

     

    また、取り込みや自動計算をおこなうことで

    各人の入力まちがいなども防ぐことができます。

     

    あとオプションにはなりますが、

    スマホのカメラで領収書を撮影して

    自動で登録する方法もあります。

     

    MFクラウド経費にはアプリもあります。

    出先のスキマ時間に経費を登録。

    なんてことも可能です。

     

    毎月の経費申請を効率化したい人は

    ぜひご検討ください。

     

     

    株式会社ナレッジラボ

    クラウドサポートチーム

    稲垣

    | MFクラウド経費 | 22:39 | comments(0) | - |
    MFクラウド会計/確定申告 知っていると安心、削除した仕訳の復活機能について
    0

      JUGEMテーマ:会計・経理・財務

      こんにちは。

      クラウドサポートチームの稲垣です。

       

      今回は一度削除した仕訳を復活させる機能についてお伝えします。

       

      単にもう一度入力したらいいんじゃないの?

      いえいえ、実は仕訳を削除した場合でも色々と違いがあるんです。

      覚えておくととても便利です。

       

      具体的には

      ・完全に消えてしまうパターン

      ・消しても復活できるパターン

      この二種類です。

       

      この違いは入力方法によって異なります。

      手動で入力した仕訳は完全に消えてしまう。

      自動で入力した仕訳は復活できる。

       

      具体的に自動で入力した仕訳とは

      何かと連携しているものになります。

      口座であったり、

      給与であったり。

       

      ではどのように復活させるかをお伝えします。

       

      実は削除した仕訳は「対象外」として、仕訳に反映しなかったデータとして残っているのです。

      データ連携>登録済一覧>明細一覧で

      対象外を検索して、対象外を解除します。

      そうすると、再度連携から登録することができます。
       

      この方法を知っておくと誤って削除した場合もすぐに復元することができます。

      逆にこの方法を知らないと手入力をしてしまい時間がかかってしまいます。

       

      連携しているということはどこかにデータがあります。

      誤って消してしまったときもあせらず何を消したのかを思い出してください。

       

       

      株式会社ナレッジラボ

      クラウドサポートチーム

      稲垣

       

       

      | MFクラウド会計/確定申告 | 22:38 | comments(0) | - |
      Airレジ 色分け機能で打ち間違いを防止しよう
      0

        JUGEMテーマ:仕事のこと

        こんにちは。

        クラウドサポートチームの稲垣です。

         

        今回はAirレジの色分け機能についてお伝えします。

         

        頑張ってAirレジを導入したけどこんな悩みが。

        忙しいときの打ち間違いが多い。

        似た商品名が並んでいるところがとくに。

         

        そうです。

        初期設定のままだと非常に見づらい。

        気づかず会計をしてしまうこともしばしば。

         

        一目みて商品を識別したい!

        レイアウトを見やすくしたい!!

        そんなときこそ色分け機能!!!

         

        Airレジでは商品のカテゴリーごとに色を自由に設定することができます。

        やり方はとってもカンタンです。

        【色分け機能設定】

        https://goo.gl/KT7Fmf

         

        ビフォー(初期設定)

         

        アフター

         

        まあ〜なんていうことでしょう♪

        あんなに見にくかったメニューが

        一新されました。

         

         

        例えば、飲食店の場合

        サラダ系は緑色

        ドリンク系は水色

        揚げ物系は黄色

         

        といった具合にみんながイメージできそうな色にするのも一案。

        間違えやすいものだけ色をつけるのもアリです。

        もししっくりこないときは変更もカンタン。

         

        レジのレイアウトを変更したり、

        商品を追加したり、

        レシートのロゴを変更したり、

         

        すぐに変えることができるのがIPadレジのいいところ。

        使いやすいようにカスタマイズしちゃいましょう。

         

         

        株式会社ナレッジラボ

        クラウドサポートチーム

        稲垣

         

        | Airレジ | 19:15 | comments(0) | - |
        Airレジ レシートをサービスなどの宣伝に!
        0

          JUGEMテーマ:仕事のこと

          こんにちは。
          クラウドサポートチームの稲垣です。

          今回はレシートをつかった活用方法です。


          Airレジではレシートの印字を自由に変えることができます。
          住所や電話番号のほかにお店のロゴなども変えることができます。

          そのなかでもオススメしたいのがコメント機能です。


          コメントは2行まで登録することができ、
          1行につき全角15文字まで登録できます。

           

          【レシートの印字内容の設定方法】

          https://goo.gl/ZzDJ6H

           


          これを利用して、
          新商品の宣伝をしたり、イベントの案内したり、
          告知のためのツールとすることができます。

           

          でも、ここで一つ注意が…
          みなさんレシートもらったらまじまじ見ますか?
          正直あんまり見ませんよね。

           

          そのまま財布にインするか、
          ゴミ箱にポイ。
          みるときは財布からまとめて出すぐらい。

           

          なので、会計時のアナウンスは大切です。
          「レシートにお得な情報がのっています」
          一声かけてみましょう。

           

          レシート5枚で○○○サービスなんていうのも
          面白いかもしれません。

          工夫次第でいろんなことができそうですね。

           

           

          みなさんもぜひレシートに付加価値をつけてみましょう!

           

           

          株式会社ナレッジラボ

          クラウドサポートチーム

          稲垣

           

          | Airレジ | 15:17 | comments(0) | - |
          MFクラウド経費 MFクラウド経費で脱エクセル経費申請
          0

            JUGEMテーマ:仕事のこと

            こんにちは。

            クラウドサポートチームの稲垣です。

             

            今回はMFクラウド経費についての記事になります。

             

            いざ書いてみて気づいたのですが…

            何気に紹介するのがはじめてです。

            MFクラウド経費。

             

            正直、会計や給与に比べて注目度も低く

            システム導入も三の次ぐらいになりそうな感じです。

             

            しかし、会計や給与と根本的に違うところがあります。

            それは営業の方々を中心に全従業員が使う可能性があり、

            その従業員全員への改善効果があるということです。

             

            使い方次第では会計や給与よりも、

            はるかに業務改善の効果は大きくなります。

            みんながハッピーになるそんな可能性に溢れるMFクラウド経費。

             

            MFクラウド経費でできることはいっぱい。

             

            ◆いつでも、どこでも経費申請、経費承認

            わざわざ事務所までいかなくても大丈夫。

            パソコン、スマホがあれば申請可能。

            パソコン、スマホがあれば承認可能。

            おまけに事前稟議にも対応。

             

            ◆連携サービスも充実

            MFクラウド会計に仕訳として取り込める。

            MFクラウド給与の給与明細に取り込める。

            やる作業はクリック数回のお手軽さ。

            事務作業を大幅軽減。

             

            ◆入力さえも自動化

            スマホのカメラでぱちり。

            読み込んだ画像から自動で経費入力。

            忙しい人にもピッタリ。


            社内全体の事務作業を減らしたい人は

            ぜひご検討ください。

             

             

            【MFクラウド経費】

            https://biz.moneyforward.com/expense

             

             

             

             

             

             

            株式会社ナレッジラボ

            クラウドサポートチーム

            稲垣

             

             

             

             

             

            | MFクラウド経費 | 15:16 | comments(0) | - |
            Airレジ 0円で使えるすごいiPadレジ
            0

              JUGEMテーマ:仕事のこと

              こんにちは。

              クラウドサポートチームの稲垣です。

               

              今回はコスト0円で使えるレジの紹介です。

               

              その名もAirレジ。

              リクルートが提供しているサービスになります。

               

              先に誤解のないように伝えておきます。

              現状は料金プランも0円のみで、本当に0円でかなり使えます。

               

              お金がかかるのは最初のハードウェア代金のみです。

              まずは最低必要と思われるのはiPadで、だいたい3~4万円あれば購入できます。

              さらにレシートプリンターが3~4万円ぐらいで購入できるため、

              6-7万円あればお客様にお会計をしてレシートが渡せる環境が構築できます。

               

               

              そんなAirレジの特徴。

               

              ◆初期費用、ランニングコストが0円。

              他のこういったサービスは月額料金がかかるが一切かからない。

              それでいてレジに必要な機能も十分に搭載しています。

              クラウド会計ソフトと連携もできちゃいます。

              開業したてにはまさに神的存在。

               

              ◆サービスカウンターで安心サポート

              全国のビックカメラにはAirレジのサービスカウンターがあります。

              導入前に使い勝手を体験したり、導入後もスタッフに相談したり、

              サポート環境も充実。

              実店舗があるのは本当に珍しく、実際に触ってみて検討したい場合にはとても重要です。

               

              ◆カンタン登録でらくらく導入

              メールアドレスがあればすぐに登録ができます。

              どこかに電話したり、書類を提出したり、する必要はありません。

              基本的には24時間、思い立った瞬間から使ってみることができます。

               

              レジの買い替えを考えている方。

              開業したてでレジにお金をかけたくない方。

              iPadレジの導入を考えている方。

              是非一度ご検討ください。

               

              Airレジの紹介動画とホームページです。

              興味を持ったら近くのサービスカウンターへ!

               

              【Airレジ】

              https://airregi.jp/

               

               

               

               

               

              株式会社ナレッジラボ

              クラウドサポートチーム

              稲垣

               

               

              | Airレジ | 03:59 | comments(0) | - |
              知らなきゃ損!誰でもつかえるIPadレジ
              0

                JUGEMテーマ:仕事のこと

                こんにちは。

                クラウドサポートチームの稲垣です。

                 

                たまにiPadのレジ見かけませんか。

                居酒屋、美容院、雑貨店とかで。

                 

                あれってすっごくかっこくよくて、

                オシャレでスマートに見えませんか。

                 

                自分のお店でもつかってみたいですよね。

                 

                でもーあれって大企業が自前でつくった。

                お金がめっちゃかかるとか。

                そんなふうに思ってませんか。

                 

                NO!NO!NO!です。

                実はだれでも使えるんです。

                 

                サービスによって料金は違いますが

                個人のお店〜チェーン店まで幅広く使うことができます。

                 

                しかも見た目だけじゃないんです。

                ちゃんとiPadレジをつかうメリットがあるんです。

                 

                ◆省スペースでかんたん操作

                従来のレジより省スペース。

                直感的に使えるシステムなので初心者も安心。

                新人バイトさんもすぐに使えちゃいます。

                 

                ◆会計ソフトとの連携

                売上の仕訳入力は必要ありません。

                連携をすることでレジからボタン一つで自動仕訳入力。

                手間いらずでいつでもタイムリーな金額が見れます。

                 

                ◆売上分析、在庫管理もできちゃう

                今日は何が売れた?

                あの商品は補充いるのかな?

                こんなときもiPadレジでいつでも把握。

                 

                などなど。

                従来のレジにはなかった便利な機能が目白押し。

                 

                あと忘れてほしくないことがあります。

                それはiPadをお店に置くメリットです。

                 

                例えば、調べものをしたり

                音楽を流したり

                SNSに投稿したり

                写真を撮ったり

                 

                要するにこんな色んなこともできてレジもできる。

                iPadレジを使うともれなくiPadのメリットも付いてきます。

                 

                なんか一石二鳥の感じがしませんか。

                人によっては三鳥、四鳥の人もいるかも…

                 

                下記は弊社でサポートしているiPadレジのサービスです。

                どうぞホームページをのぞいてみてください。

                 

                【Airレジ】

                https://airregi.jp/

                 

                【スマレジ】

                https://smaregi.jp/

                 

                 

                株式会社ナレッジラボ

                クラウドサポートチーム

                稲垣

                 

                 

                 

                | 便利ツール | 16:55 | comments(0) | - |
                MFクラウド会計/確定申告 勘定科目が消せないときの対処方法
                0

                  JUGEMテーマ:会計・経理・財務

                  こんにちは。

                  クラウドサポートチームの稲垣です。

                   

                  あたたかい季節になってきましたね。

                  いや、むしろ暑いぐらいかも。

                  体調には気をつけて過ごしていきましょう。

                   

                  今回はMFクラウド会計/確定申告の勘定科目の設定についての記事です。

                   

                  クレジットカードを連携すると必要以上に補助科目が作成されます。

                  しかも自動で作成されるのが、慣れた人には便利ですが、わからない人にとっては、

                  気づいた頃にはよくわからない補助科目がたくさん、、、

                  よくみると名前も同じようなものが複数。

                   

                  使わないので削除しようとするけど消えない。

                   

                  「なぜ!?!?!?」

                   

                  確認でもう一回ゴミ箱マークを押すけどやっぱり消えない。

                   

                  「なぜ!?!?!?!?!?!?」

                   

                  こうなったときは次のことが原因かもしれません。

                  ・期中の仕訳で消す勘定科目を入力している

                  ・自動仕訳ルールに登録している

                  ・連携時の科目として登録している

                   

                  1番目の期中の仕訳で…というのはイメージできると思います。

                  使っているから消せない。

                  なので、消したい場合には、現在使っている「消したい勘定科目」を別の勘定科目に変更することで消すことができます。

                  消したい勘定科目を仕訳帳から変更していきます。

                   

                  2、3番目がなかなか曲者。

                  連携すると勝手に登録されていくのでイメージしにくいと思います。

                  「自動仕訳」https://goo.gl/Lw15sm

                  「連携時の科目変更」https://goo.gl/dFTqjt

                   

                  ここに登録されていると消すことができません。

                  そのためこの登録を変更していくことが必要になります。

                   

                  ちなみに初期設定にある勘定科目は消すことはできませんが、名前を変更することはできます。

                  使わない勘定科目は誤入力の原因にもなります。

                  逆に最小限にすることで入力の効率もアップするでしょう。

                   

                  消せないでずっと残った科目とも今日でやっとサヨナラです。

                  この機会に勘定科目のクリーンアップをしましよう。

                   

                   

                  株式会社ナレッジラボ

                  クラウドサポートチーム

                  稲垣

                   

                   

                  | MFクラウド会計/確定申告 | 13:54 | comments(0) | - |
                  MFクラウド会計/確定申告 MFクラウド請求書との連携について
                  0

                    JUGEMテーマ:会計・経理・財務

                    こんにちは。

                    クラウドサポートチームの稲垣です。

                     

                    今回はMFクラウド請求書との連携についてお伝えします。

                     

                    請求書についてはオフィス系ソフトで作成しているので、

                    わざわざそ専用のソフトを使う必要はないと思っている方もたくさんいると思います。

                    実際、ネットを検索すると無料の請求書のテンプレートが数多くヒットしますし、自分で作るという人も。

                     

                    ただ、実際のところ請求書について大変な点は作成ではなく発行後の入金完了です。

                     

                    今月はいくら入金される予定でちゃんとそれが入金されているのか確認していく必要があります。

                    これをサボってしまうと経営にも大きな支障がでます。

                     

                    また先方の都合で入金が遅れそのまま未入金になってしまっていることも少なからずあります。

                    このようなことが起こらないように請求書の発行と入金管理はしっかり行う必要があります。

                    MFクラウド請求書を使うとこのような管理が簡単に行うことができます。

                     

                    また、請求書という名前が付いていますがその他に見積書、納品書、領収書も作成することができますので、

                    いちいち書類ごとにデータを管理する必要もありません。

                     

                    さらに今回お伝えするMFクラウド会計/確定申告との連携機能も備わっています。

                    例えば、この連携機能を使うと請求書を発行したタイミングで下記の仕訳が自動で登録されます。

                     

                    売掛金 / 売上 ¥○○○

                     

                    登録する際の勘定科目や日付は設定をすることができ、この機能を使うと仕訳の入力忘れや手間を減らすこともできます!!

                     

                    また、この機能を使って仕訳を入力すると入金されたときにも該当する過去の売掛金を選択して入金仕訳を入力するので売掛金の消し込みの手間もグッと減ります。

                     

                    ただし、初心者が使うと急に実現や予定などの項目が出てきて混乱するかもしれません。

                    連携機能をわからずにMF請求書を使い始めて消し込みの仕訳が入力できておらず売掛金の残高が合わなくなってしまっていることがよくあります。

                     

                    連携機能というのは総じて便利な機能ですが、その分理解するのが難しい機能になります。

                    連携する際はこれをするとどうなるのか簡単でもいいので調べてみて行ってください。

                     

                    MFクラウドシリーズにはヘルプページやサポートデスクも備わっていますのですぐに調べることができます。

                     

                    会計や勤怠のシステムと比べると優先順位は下がるかもしれませんが、

                    使ってみると便利な機能がたくさんあり業務の効率化を図ることが可能ですよ!!

                     

                     

                     

                    株式会社ナレッジラボ

                    クラウドサポートチーム

                    稲垣

                    | MFクラウド会計/確定申告 | 13:50 | comments(0) | - |
                    Google driveのチームドライブ機能を使って共有サーバーに
                    0

                      JUGEMテーマ:仕事のこと

                      こんにちは。

                      クラウドサポートチームの稲垣です。

                       

                      今回はGoogleドライブを使って共有サーバーを作る方法をお伝えします。

                       

                      前回お伝えしたGoogleドライブの活用方法は1人で行うものでした。

                      【Google driveで外出先でもファイルを確認できて安心】

                      http://cloud-support.jugem.jp/?eid=104

                       

                      今回お伝えするのはチームあるいは複数人で使う方法になります。

                       

                      人が増えてくると必然的にデータのやり取りやその保管についての方法が必要になってきます。

                      自社で共有サーバーを購入してそこでデータのやり取りすることもあります。

                      ただ、この方法だとネットワークの設定をしたり、機器を購入したりとそれなり手間がかかります。

                       

                      それをGoogleドライブの共有機能(チームドライブ)を利用することによって簡単に構築することができます。

                       

                      しかも、オンライン上にデータを保管するので外出先からでもデータにアクセスできるというメリットがあります。

                      これについては上記の記事で書いていますのでぜひ読んでみてください。

                       

                      ただし、気をつける点もあります。

                      Googleドライブ上でエクセルやワードなどのoffice系ソフトを保存し編集するためには、

                      Googleのアプリケーションソフトに変換しなくてはいけません。

                      Googleスプレッドシートなどです。

                      社内で日々更新されていくデータなどはこれに変換して更新をしていくということになります。

                       

                      見た目はオフィスソフトに酷似しているのですがところどころ違いがあるのではじめは戸惑うかもしれませんが使っているうちに自然と慣れてきます。

                       

                      チームドライブの設定方法についてはぜひ下記のURLをみてください。

                      https://gsuite.google.jp/learning-center/products/drive/get-started-team-drive/#!/section-1-1

                       

                       

                      株式会社ナレッジラボ

                      クラウドサポートチーム

                      稲垣

                      | 便利ツール | 07:41 | comments(0) | - |
                      | 1/11PAGES | >>